2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 鉄道模型(趣味と年齢)について | トップページ | TOMIXフィーダ線の加工 »

2008年6月22日 (日)

LGBとGNOMY

なーんにもやる気が起きないので、LGBの象徴的ロコ、クラウスBタンクとGNOMYの同色ロコ(125周年記念品)を並べて記念撮影してみました。

Img_1174

LGBそのものも本物のスケールダウンではなくて長さ方向に短縮したデフォルメをしてあるようですが、GNOMYになると、それがよりいっそう強調されて、おもちゃとしてのかわいらしさが演出されています。

おおきさとデフォルメの関係のサンプルみたいで、自分でフリーランスをデザインするときの参考になりますね。って、おもいましたが・・・ちっとも手を動かして模型をいじる気がおこってこないというのは、さすがにまずい気がしています。

« 鉄道模型(趣味と年齢)について | トップページ | TOMIXフィーダ線の加工 »

コメント

LGBといえばこの一台ですね。
模型作りも波があるようです。
当方はやっとスランプ脱出の兆しが
見え始めました。

エガーバーン5号機やフライッシュマンのマジックトレインもプロトタイプは同じですよね。
それぞれにデフォルメの具合が違うのが興味深いです。

オノデラさん、
模型のスランプが生活全般にも影響していくようで、ちょっと困っています。

keukaさん、
もっていたら、一緒に写して比べられるんですが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉄道模型(趣味と年齢)について | トップページ | TOMIXフィーダ線の加工 »