2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 「ムネモパーク」観劇レポート | トップページ | レールカー、その4 »

2008年3月15日 (土)

ダックス

蕗狩軽便の主力機はダックスシリーズです。

ちまたでだいぶ盛り上がっている様ですので、遅ればせながら、虫干しかねて引っ張り出してみました。

もう10年以上ほったらかしですので、どれも、塗装が剥げたり、未完成のまま、錆がふいたり、酷い状態になってます。そのうちちゃんと完成&レストアしないとと思うのですが、まったく手が進みません。

部屋の中でライトも当てずにやっつけで撮影したので劣悪な画像ですが、とりあえずご紹介まで。

Img_0539

最初に手に入れたダックスIIです。たしか大学生の頃です。ライト以外は素組み。ベルもつけてません。当時の工作力ではこれが精一杯。いまもあんまりかわりませんが(^^;;;モーターは、友人にお願いしてファウルファーベルのギヤヘッド付きに換装してもらっています。

Img_0537

Img_0538

このサドルタンクとサイドタンクは、たしか、就職して間もない頃、新額堂でぼろぼろの真っ黒になったジャンクパーツをみつけて手に入れたものから再生したものです。歪んではいましたがサイドタンクとサドルタンク、それに動輪が2組あったので、煙室やドーム、アウトサイドフレームをレジンで複製し、なんとか2両をでっち上げています。サドルタンクは友人手製のギヤヘッドを装着していますが、かなり音が高めです。サイドタンクは飾り棚から落下して大破したものをやっとここまで再生したところです。なお、初回生産の動輪は、タイヤが薄くてそのままでは脱線しやすいという問題があります。これは少しバックゲージを広げてやることでなんとか実用に堪えるようになります。

Img_0540

珊瑚模型でジャンクパーツとして手に入れた下回りを使い、スクラッチで上回りとテンダーを作り上げたメキシカン風のロコです。プランはガゼットに載っていたものをもとにしています。これは師匠と仰ぐW先輩がお化粧(塗装)してくれたという果報者の娘で、源氏名?をサラスワティ(七福神の弁天様のことです)といいます。モーターはコアレス、友人から都合してもらったギヤを使って自作した密閉式の1:2.4のギヤヘッドを装着しています。

Img_0542

Img_0541

この2両は、友人のお世話で偶然入手出来たダックスIIのキットをそのまま組むのがあまりにももったいなくて、上回りと下回りをそれぞれ生かして2両にしたものです。1両目は、友人に挽いてもらったシリンダをつかい、アリイのC12のシャーシを削り倒してなんとか組み合わせ、下回りをでっちあげました。2両目は、ペルス鉄道の16号機をイメージしてデザインしたものです。ジャンクで手に入れた煙突とドーム、テンダー側板のほかはスクラッチ。どちらもモーターは杉山のブースで手に入れたコアレスを使っていますが、これはかなり非力なのがこまりものです。

というわけで、テンダー機のそろい踏み。

Img_0543

最後に記念写真です(^^;;;

Img_0534

もう1、2両はでっち上げて、蕗狩軽便の機関庫を充実させたいと思っているのですが、老眼も進んだ事ですし、フルスクラッチにはさすがに手を出しかねています。

« 「ムネモパーク」観劇レポート | トップページ | レールカー、その4 »

コメント

蕗狩軽便の機関庫は本当にDACSのねぐら
なのですね。一台一台にかけた執念と
愛着がひしひしと伝わってきます。
当時、普通に組んではなかなかうまく
走ってくれなかったのはギアの精度と
モーターのトルク不足だったのでしょうね。
それにしても正統派から亜種まで楽しい
ですね。祭に是非!ご参加ください。

オノデラさん

うちのダックスたちも、シーナリーのある場所で思い切り走らせてやりたいものですが、気力がついていかず、模型部屋のレイアウト台は、いまは物置状態になってしまっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ムネモパーク」観劇レポート | トップページ | レールカー、その4 »