2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 雪の庭の運転 | トップページ | ガストーチを買い直しました。 »

2008年2月11日 (月)

マイクロパイク

HOn2(乙)の凸電を走らせるのに、直線の往復だけはつまらないので、100円ショップで手に入れたペン皿に線路を敷いてみました。
レールは篠原の60番引き抜きを両面テープで仮止めし、アクリル塗料を接着剤代わりにして固着しました。
普通に敷くだけでは面白くないので、半分は舗装した併用軌道としています。敷石は厚紙をカットしたものです。
架線はまだどうするか、考え中です。

Img_0266

Img_0268

Img_0369

 



« 雪の庭の運転 | トップページ | ガストーチを買い直しました。 »

コメント

パイク可愛いですね。
それにしても、模型先輩の皆さんの
走行性能の素晴らしさには驚くばかりです。
買うだけでは味わえない充実感も
あると思います。
ラッセルも素敵です。

オノデラさん
一軸駆動の上、半径5センチのカーブですので、かなりシビアです。もうすこしスラックを多めに取っておくべきでした。
コントローラは、パルス方式の直流モーターコントローラーを使っていますので、スローは効きやすいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪の庭の運転 | トップページ | ガストーチを買い直しました。 »