2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 手押しトロッコのモデル | トップページ | シリンダ&クロスヘッド »

2008年2月23日 (土)

ロッドをつけてみました。

せっかく内側台枠にしたのですから、どうせなら、とロッドを組み付けてみることにしました。

といっても、相手はN用の5.5mm径車輪。ここに正確にロッドピン孔を開けるなんて、私には無理です。

ということで、車軸が突き出ているのを利用して、バランスウェイトを取り付け、そこにロッドピンをたてることに決定。加工のしやすさから、バランスウェイトはプラ板から切り出し、ロッドピンはジャンクボックスから拾い出したNゲージCタンク用のそれを加工して流用しました。

Img_0405

ロッドは、糸鋸の刃をボキボキ折りながら丸一日かかって、洋白板から切り出してみたのですが、よれよれの出来でまったく使い物にならず、これまたジャンクボックスの中に転がっていたNゲージCタンク用のロッドの軸距がほぼ一致するのをいいことに、これを2軸に切り詰め、少々ロッドピン孔を広げて強引に取り付けてしまいました。

結果はなんと、大成功。ごらんのとおり、実にもっともらしく見えますし、走りもスムーズ。私のようなやっつけ仕事でも、なんとかなるもんだ、と妙なところで悦に入っています。

しかし、これ、ロッド式のディーゼルにするか、いっそ、蒸気に化けさせるか、はてさて、いかにしたものか、今頃悩んでどうするんだ、と自分であきれかえることしきり。

こんな無計画な工作も、めずらしいんだろうな、とおもいつつ、それでも、頭の中で行ったり来たり、ああでもないこうでもない、と考えを巡らせて楽しむ快楽を満喫しています。

« 手押しトロッコのモデル | トップページ | シリンダ&クロスヘッド »

コメント

>走りもスムーズ

動画を載せることにより説得性がありますね。
ウェイトなしでこの走りなら相当期待できそうですね。

ジャンクパーツの活用とのことですが
シルキーランには思わず拍手です。
上回りも期待しています。
いやあ、本当にいい走りですね!!!

オノデラさん

やる気が出ずに、この状態でほったらかしです(苦笑)
さて、縦釜にしようかと言う事に決まりかけてますが、上回りの工作、どうやればもっともらしくなるんでしょう?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手押しトロッコのモデル | トップページ | シリンダ&クロスヘッド »