2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 手に入れたいという欲求 | トップページ | 庭園鉄道ラッセル運転 »

2008年1月31日 (木)

まずは動輪から

Img_0279

凸電の塗装をほったらかしにして、次の機関車にと浮気を始めました。
なんといってもまずは動輪。
ということで、今回は凸電とは違う方法でN車輪の改軌とギアの組み込みをしてみました。
グリーンマックス製の台車から外した車輪にスペーサーをあてがい、万力に咥えて車軸をずらします。
前回もそうでしたが、バックゲージは、単純にNの車輪のそれから2.5ミリを引いた5ミリ強です。
これで友人のレイアウトに乗り入れができるかどうか、ちょっと心許ないですが、まあ、ポイントがなければ何とかなるでしょう。
手元にあった出所不明のデルリン製平ギヤの軸穴径は2ミリ、車軸は1.2ミリ径でしたので、銅パイプから切り出したスリーブをかませました。
車輪の裏に突き出た絶縁ブッシュはカッターナイフで切り取ります。
われながらいい加減な工作ですが、これでなんとかなるでしょう。

« 手に入れたいという欲求 | トップページ | 庭園鉄道ラッセル運転 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手に入れたいという欲求 | トップページ | 庭園鉄道ラッセル運転 »