2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 木工ボンド容器スタンド | トップページ | 謹賀新年 »

2007年12月28日 (金)

壁際運転盤

六畳の模型部屋の壁際にそって、Nゲージの線路を敷き回す事にしました。

固定レイアウトのふちも利用して部屋を一周するので、レイアウト台枠の高さに合わせて、壁際にランバーコアボードの路盤を取り付け、そこにtomixの組み立て線路を敷きました。

Img_0183

Img_0182

路盤の上に装飾とクッション材を兼ねて、ニードルパンチカーペットを貼付けてあります。

壁際にぴったり合わせるためには、製品として用意されている端数線路では間に合わず、糸鋸で線路を切り縮める手間が必要でした。

出入り口のドア部分は取り外し式にしましたので、ここだけは線路を路盤に固定してありません。

写真には写っていませんが、当然工作台の前も通過しています。

その部分は路盤を少し広くして、Nゲージだけでなく、HOの線路も置いて試運転が出来るようにしてあります。

« 木工ボンド容器スタンド | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

お洒落な作りですね。小田急の特急も素敵ですが
無造作に置かれているレーマンの線路が・・・・
容積は相当違いますね

この壁際運転盤はわりとうまくいきました。もちろん、NスケールとHOn30兼用です。固定レイアウトはHOn30です。
実はHOの鴨居運転盤も作成中で、こちらはてこずってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 木工ボンド容器スタンド | トップページ | 謹賀新年 »