2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 棚と引き出し、そしてベニヤ平原出現 | トップページ | 壁際運転盤 »

2007年12月24日 (月)

木工ボンド容器スタンド

木工用ボンドは半分くらい使うと、底の方に溜まってしまってすぐに口から出てこなくなっていらいらします。
最初から口を下にして逆さまに立てるような容器の製品もありますが、小型のものだけで、大工仕事に使うような大容量のものではそういうタイプは見かけません。
そこで、容器を逆さまに立てられるスタンドを工夫する事にしました。

Img_0180

材料はかまぼこ板と、サランラップの芯の紙筒です。
ノズルが丁度収まる長さに筒をカットし、縦に割れ目をいれ、ノズルキャップの根元が収まるように押し広げます。隙間に紙筒から切り出した小片を挟んで直径を調整しています。
上半分の開いた隙間に、ノズル先端キャップのツルがうまくおさまります。
立てるときはもちろん、先端のキャップをしっかり閉めておきます。

Img_0179

« 棚と引き出し、そしてベニヤ平原出現 | トップページ | 壁際運転盤 »

コメント

いよいよ着工ですか??
早速アイディア参考にさせていただきます。
薀蓄話奥が深いですね。

これ、簡単にできて利用価値あります。試してみてくださいね。
じつは壁際運転盤をつくってます。
うんちく、ずっとほったらかしのままです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 棚と引き出し、そしてベニヤ平原出現 | トップページ | 壁際運転盤 »