2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« ペン皿ミニチュアパイクプロジェクト7 | トップページ | ペン皿ミニチュアパイクプロジェクト9 »

2007年8月 5日 (日)

ペン皿ミニチュアパイクプロジェクト8

さて、問題は車両です。
乗用庭園鉄道をイメージしたのですから、人形を乗せて走る車両をつくらなければなりません。
最初はHOn30の機関車に人形を乗せたトレーラーを牽かせようと考えたのですが、この急カーブではとても無理。
人形が乗せられる動力車を誂えることにして、ジャンクボックスを物色したら、その昔に作りかけてほったらかしてあったNゲージ動力ユニット改造の下回りが出てきました。
これ幸いと、この上にそれらしい座席を持った車体を作ってかぶせることにしました。
設計図もラフスケッチさえも無い、まるで子供の粘土細工のような工作です。ゆがみやずれもご愛敬のうち、と考えてひたすら工作を進めます。
できあがったのは、真鍮板と角線で適当に椅子をつくり、前後に手すりをくっつけただけでモーターも丸見えの何ともいい加減なシロモノですが、素人工作の自家製乗用車両なんだからそういうデザインなのだと強引に納得することにしました。

Dscn2614_2

Dscn2615

塗装は一旦白を吹いてからマルーンを重ね吹きしています。ダークグレーに塗った下回りは、せっかくですからと、銀色でドライブラシしてディテールを強調しました。
最後に人形を乗せて、なにやら怪しげな自家製乗用動力車が完成。走りは結構スムーズです。
あまり走りが安定しているので、どうせなら、とトレーラーをつくってみました。乗客は黒猫くんです。

Dscn2616

Nゲージ用の台車にプラ板でつくったフラットカータイプの上回りを乗せただけの簡単な工作です。
動力車との連結には女性アクセサリー用のチェーンをつかいました。

Dscn2619

ところで、ゲージは1/22.5で軌間9mmですから、実物では202.5mm。約20センチ=8インチゲージということになりますね。

« ペン皿ミニチュアパイクプロジェクト7 | トップページ | ペン皿ミニチュアパイクプロジェクト9 »

コメント

こんばんは

きれいなパイクができましたね。

その車両見てて思ったのですが下記にそっくりなのがあります。
http://forum.gn15.info/viewtopic.php?t=2737&start=15&sid=bd15e3b8fee015c88a2a7438d8a02eb0

こんばんは、akinoriです。

いいですねぇ。このフンイキ。
帯材を組み合わせただけってところが、いかにもプライベーターの電動トロッコって
感じがして独特の世界観ですねぇ。
おなかの大きなオジサンに加えて、平トロに黒君がちょこりんと座ってるのが
サイコーのまったり感がでてます。(^^)

ペン皿の極小空間だからこそ、レンガを一つずつ組んでいくのも楽しそうですね。
製作工程も興味深くて目地を石膏でつめるなんて、実物のガーデニングでの工法
みたいだし、通常のレイアウト作りともちがった楽しみ方ができたのでは
ないでしょうか。

拙作のペン皿に比べれば、よりオリジナリティがあり感服いたしました。

まーくんさん
人を載せる機構は同じ要素で構成されるという見本ですね。

akinori さま
自分でも意外なくらいに楽しめました。
庭園鉄道という設定が良かったのかもしれません。
その分自由にデザインする事も出来ましたし、妙なスケール感とかリアリティーとかに下手にこだわる事からも解放されましたし、仰せの通り、DIYと同じ手法での工作というのも楽しめました。またやってみたいと思います。
さて、フィニッシュのために、ちょっと小物を製作中です。明日にはほぼ完成出来るかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ペン皿ミニチュアパイクプロジェクト7 | トップページ | ペン皿ミニチュアパイクプロジェクト9 »