2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« レジンキャストで人形複製 | トップページ | 新しい機関車のセットがとどきました »

2007年8月19日 (日)

レールクリーニング棒

汚れたレールのメンテナンスは、アルコールやクリーナー液を染ませた綿棒や先端に布を付けた割り箸などで拭き取る方法が一般的だと思います。
私もその方法を愛用していますが、どうも割り箸は貧乏臭い。
なんか見栄えのいいものはなかろうか、とふと手元をみると、たったいままで歯を磨いていた歯ブラシが目に入りました。
これなら持ちやすいし、弾力性もあって、クリーニング棒にはもってこい。
さっそくペンチで毛を引き抜いて、先をニッパーでカットし、不織布をゴムひもでくくりつけてためしてみました。

Dscn2732

使い勝手は最高です。
なんでいままでこれに気がつかなかったのでしょうね。
廃品のリサイクルも出来て、最近流行の地球環境保全、温暖化防止にも一役買っているのだぞ、とあちこちに自慢しまくれる今日の模型工作活動でした(苦笑)

« レジンキャストで人形複製 | トップページ | 新しい機関車のセットがとどきました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レジンキャストで人形複製 | トップページ | 新しい機関車のセットがとどきました »