2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 鉄道模型コンベンション | トップページ | オシレーチングエンジンのオブジェ »

2006年8月18日 (金)

雨の中の運転

LGBの列車は全天候対応型です。雨の日も風の日も雪の日も大丈夫。

のはずなのですが、突然大粒の雨が降り出したのには弱りました。だってコントローラーは防水仕様じゃありませんから。

あわてて壁の収納庫にコントローラーをしまい込んで家の中へ退散、列車はそのまま運転続行です。

夕立のような雨にみるみるうちに庭は水浸し。車両もずぶ濡れになってしまいました。

37

雨に叩かれて地面から跳ね返った砂や埃が線路に付着して、じゃりじゃりと音をたてながらの走行ですが、MTS走行の本線も、アナログ自動シャトル運転の勾配線も、列車はとまることも脱線することもなく、雨が小降りになるまでの約1時間、機嫌良くレイアウトを走り回っておりました。

« 鉄道模型コンベンション | トップページ | オシレーチングエンジンのオブジェ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13625/3110019

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の中の運転:

« 鉄道模型コンベンション | トップページ | オシレーチングエンジンのオブジェ »