« 瀬川仮設リニューアルとポーターの加工 | トップページ | デッキガーダー »

2006年7月 8日 (土)

怪しげなインスペクションカー

ニュージーランドのブッシュトラムの写真で見たイメージを模型化してみました。
タネ車はNゲージの国鉄緩急車です。

Dscn1063

デッキの妻板を窓に見立て切り接ぎし、前に得体の知れないラジエーター風のドロップパーツをぺたんと貼り付けました。ドアはアメリカ型貨車のキットのジャンクからのこれも切り接ぎです。
0.5tプラ板で屋根を新製して上からはりつけ、カプラー穴を開けたバッファーをつけてできあがり。
動力はTOMIXのDE10用の台車を使いページャーモーターを縦置きして車軸のギアにウオームを噛ませてあります。
集電はさすがにオリジナルでは無理で、燐青銅線を元の鉄板に半田付けしてしのぎました。
よく走ります。
塗装は無難に白っぽい色にしましたが、ど派手な黄色でも良かったかなと思っています。

« 瀬川仮設リニューアルとポーターの加工 | トップページ | デッキガーダー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13625/939252

この記事へのトラックバック一覧です: 怪しげなインスペクションカー:

« 瀬川仮設リニューアルとポーターの加工 | トップページ | デッキガーダー »