2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« レイアウトソフト | トップページ | 怪しげなインスペクションカー »

2006年7月 2日 (日)

瀬川仮設リニューアルとポーターの加工

自宅の稲城庭園線が仮開通したのでそちらにMTSを移すことにし、瀬川仮設線の外回り線を撤収することにしました。
単身赴任先の瀬川仮設線はかつての住吉線と同じスタイルにリニューアル。アナログ運転となりました。

Dscn1371

となると、問題はポーターのMTSデコーダーが不良品のためアナログ運転ができないこと。
しばし沈思黙考(笑)の末、6Pトグルスイッチを取り付けてデコーダーをスルーするバイパス回路を組み込むことにしました。
結果は一応成功しましたがヘッドライトが普通に走らせるような低速では点灯しなくなってしまいました。こまったものです。
6V程度の球に交換してデコーダーの設定を変更すれば、低速から明るく点灯するようになるかもしれません。

« レイアウトソフト | トップページ | 怪しげなインスペクションカー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13625/2467148

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬川仮設リニューアルとポーターの加工:

« レイアウトソフト | トップページ | 怪しげなインスペクションカー »