2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 究極のポイントマシン | トップページ | On30フリー市電 »

2006年3月31日 (金)

サウンドカーをつくりました。

LGBサウンドユニットはかなりの大きさがありますしとても高価ですので、すべての機関車に組み込むには加工も費用も大変です。
それに庭園鉄道のようなある程度広いところで走らせるなら、機関車本体から音が出ていなくてもそれほど気にならないだろうと言うことで、サウンドユニットを有蓋貨車に組み込むことにしました。
集電は車輪を金属製のピックアップ付きのものに交換し、軸受けセンターの床に穴を開けてそこからコードを車内に導いています。

Dscn1128

サウンドユニットは車内の壁に付属の両面テープでぺたんと貼り付けておしまい。
音量の調節は屋根を取り外して行います。

Dscn1129

せっかく電源がありますので、麦球を使って室内灯も付けてみましたが、あまり目立たないのでちょっとがっかりです。
この有蓋貨車、デッキがあるのでどうしても編成最後尾に配置したくなり、近くに来るとやっぱり機関車以外のところから音が出ているのがまるわかりになってしまうのが難点というところでしょうか。

« 究極のポイントマシン | トップページ | On30フリー市電 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13625/1231410

この記事へのトラックバック一覧です: サウンドカーをつくりました。:

« 究極のポイントマシン | トップページ | On30フリー市電 »