2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 白色LEDの拡散光化加工と疑似電球色化 | トップページ | クローエそれともクロエ? »

2006年3月18日 (土)

アメリカにメールオーダーした小包が届きました。

Dscn1065

クリスマスシーズンを挟んだせいでしょうか、今回は3ヶ月近くもかかりました。
びっくりしたことに1月下旬にオーダーしたものと2日違いで届いたのにも苦笑。
船便のタイミングと通関の関係もあるのでしょうか?
いつものように、郵便局の不在配達票をみながら夜間配達をお願いし、関税と通関料を支払ってようやく手元に届いた箱をリビングの板の間に据え、梱包材の中から品物を掘り出す、わくわくのセレモニーを楽しみました。
しかしまあ、梱包材の量が生半可ではありません。最初の箱には、お店のブローシャーとロゴ入りのデスクダイアリーのプレゼントも入っていました。梱包も丁寧だし欠品もなく、とても好感が持てます。
が、どんなに丁寧に梱包してあっても、やはりちょっとした傷はつきもののようです。
機関車の手すりがみごとに折れ曲がっていましたし、給水管などの部品がずれたりはずれたりしていました。振動によるものなのでしょうか?
手すりは軟質プラですので指先でぐいと元に戻しましたが、金色のメッキがはがれてしまい、これはエナメル塗料を塗って修正。その他の部品のはずれは難なく修正出来ました。
しかし、年度末のため仕事の方が立て込んで、せっかく注文の品が届いたというのに、開封しただけでそのまま放っておくしかないのが情けないです。

« 白色LEDの拡散光化加工と疑似電球色化 | トップページ | クローエそれともクロエ? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13625/1077464

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカにメールオーダーした小包が届きました。:

« 白色LEDの拡散光化加工と疑似電球色化 | トップページ | クローエそれともクロエ? »