2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 100円LEDランプ | トップページ | 木の円盤 »

2006年1月 9日 (月)

クラインバッハ駅組み立て

3連休の最終日の午後になってやっとやる気(苦笑)が出てきて、POLA製Gスケールの駅舎を組み立てはじめました。何か月放っといたんでしょうか。
でも、ここまででストップです。
Dscn0954_1
なにせ真冬のこと、閉め切った部屋なので、接着剤の臭いで気持ち悪くなりました。
やすりがけするのがめんどくさかったので、大量に接着剤を使って強引に組み立てたのが良くなかったようです。
ベースとの間に隙間が空いてますが、これはさすがにやすりがけしても無理だったでしょうし、ま、こんなものでしょう。
屋根は取り外し式にすると加工が面倒だし、考え中です。

« 100円LEDランプ | トップページ | 木の円盤 »

コメント

こんばんは、Gゲージのストラクチャーキットは、接着面が広いので接着する作業は大変ですね。でも、屋外での仕様を前提と考えると、それなりの厚みがないとすぐにゆがんでしまいますから、仕方ないところですね。

こんばんは、どてかぼちゃさんのところのGゲージの駅は屋根は取り外し式にされたのでしょうか?
どんな方法で取り外しにしようか思案中なもので、ヒントをいただければ幸いです。

私の駅舎には、腕時計の時計部分を使った時計が駅舎についていますし、
将来的に、室内灯もつけてみたいと思っていましたので、
屋根は取り外し式にしました。
もっとも屋内で使用していましたので、
ただ載せておいただけです。
屋外で使用することを前提にすると、
屋根の内側に重しなんかをつけておかないと突風で飛ばされてしまうかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13625/287636

この記事へのトラックバック一覧です: クラインバッハ駅組み立て:

« 100円LEDランプ | トップページ | 木の円盤 »