2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年5月25日 (木)

第二回「江ノ展」を見てきました。

「江ノ島を舞台に行われる、少し不思議な模型展示会。江ノ展の第二回」を見てきました。

SF系ミキシングビルドの世界ですね。ホビージャパンで連載されていたSF3Dなどにも大きく影響を受けているみたいです。この世界独特のダークなサイバーパンク的な造形とかもあって、好みが分かれるところですが、造形やテクスチャーの表現には目を見張るところがありました。

こういう世界でクラブというかコミュニティーがうまく機能し活発に発表活動を行っているというのはすごいなあと思います。

下の画像はほんの一部、自分好みの作品だけです。

Img_1977 Img_1978 Img_1980 

Img_1984 Img_2002 Img_2006

他の作品がもっと綺麗な画像であちこちにアップされていますのでリンクしておきます。

江ノ展に行って来ました!その1!( ̄▽ ̄) 
……その5まであります。

https://twitter.com/search?q=%E6%B1%9F%E3%83%8E%E5%B1%95&src=typd

2017年5月20日 (土)

ナローでD!

もともと特急電車(振り子機構付きなんて最高!)なんかが車体を内側に傾けてカントのついたカーブを走り抜けていく姿(ただし模型に限る)は大好きなんですが、久しぶりに息子の本棚を漁ったら「電車でD」という同人誌?がでてきまして……

読んでみたらそのパロっぷりにおもわずのけぞって感動、笑わせてもらいました。作者は鉄ちゃんですよねーw でもってこれだけ真剣にちゃらけられるというのは、もう感動をとおりこして尊敬してしまいそうになります^^;

で、ここはひとつわがナローゲージでも……www ということで、やってみました^^;

KATO単線ドリフト!イェーイ!www & 雨宮単線ドリフト!イェーイ!www であります^^;

Img_1836 Img_1838

なに? 脱線してるようにしか見えないって? まあまあ^^; そこはそれ、イメージを膨らませるのです。この画像を見て想像するのです。KATOや雨宮が車輪に火花を散らしながら右前輪を左のレールに乗せて急カーブをフルスピードで駆け抜けていく勇姿を!!^^;

ミニ四駆 ワイルドザウルス

なんかかっこいいなあと思ってたのですけど、再販されたというので思わず買ってしまいました。

ミニ四駆 ワイルドザウルスです。

C_8pfduwaa6hhp

構造がおもしろい^^; 部品みてるだけで楽しめてしまえました。でもおっきいなあ。

そのまま素組みしようかとおもいましたが、せっかくだから塗装することにしました。車体だけスプレー、あとは筆塗り。

Img_1814

で、完成。手持ちの色を使ったのでちょっと車体の感じが箱のイラストと違ってしまいました。久しぶりの筆塗りはいい加減でたのしかったです。シールの形状の正確さに驚きました。まあ今は3DCADで設計するのだから当たり前かも……

Img_1816 Img_1817

あらためて、プラスチックモデルキットってとってもよく出来てると感動。インストラクション通り作ったら、ほぼ箱絵と同じものができちゃいます。考えようによってはものすごくつまんない。改造や塗装に凝りたくなるわけがしみじみと理解できます。

レゴの場合はインストラクション通り作って、それこそ箱絵通りになるんだけど、そんなにつまんなくないのはなぜだ? やっぱりブロックを巧みに組み合わせていることに感動するからでしょうか? 最近の専用特殊パーツ多用のものは組んでてつまんないですもんねえ。

ところで、スプレーするのに塗装ブースの吸い込みがやたら悪かったので、分解掃除してみました。中のフィルタースポンジは意外なことに、よごれてつまるほどではありませんでしたが、シロッコファンを開けてみてびっくり。吸引力低下の原因はどうやら羽についたスケールのようでした。歯ブラシでこすったら鱗のように剥がれ落ちました^^;

«トリコロールに塗ってみました