2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2018年9月17日 (月)

塗装ブースのお手入れその他

未だに初期のタミヤ塗装ブースを使っています。このブース、吸引力があまり強くないのでちょっと無理をすると霧になった塗料が吸い込まれずに部屋中に舞い散り、溶剤の臭いが漂ってしまうなんてことにもなりかねません。気が付いたらあたりがザラザラになってたりしたこともあるので、塗装作業にはマスクは必須です。

ブースを買いかえれば済むことなのですが、勿体無いし、工夫でなんとかできれば、とバッフル板をつけてみたこともありました。最初はなかなか良いんじゃないかと思っていたのですけれど、やっぱりなんか違う。

根本的に吸引力が足りないんですね。買って以来手入れしていませんでしたから。さすがに内部のフィルタースポンジを洗浄しなければ、と分解して機械部分を取り外してみたらシロッコファンにも大量に塗料がこびりついてて、実はこれが一番の原因だったのかもしれません。

組み立て直して電源を入れてみると、ダクトから出る風量はそれまでの2倍くらいありました。それでも使ってみるとやはりどうも気に入りません。具体的に言うと、バッフル板の中央で吹いた時の吹き返しが気になるのと、すごく弱い圧で吹いているときに吸いこまれる気流がなんか変。

つまり、自分の使い方ではせっかくのバッフルがかえって仇になっているんですね。ブースの奥行きの浅い構造や吸い込み力、ワークを持つ位置やスプレーの仕方にもよるのだろうと思います。

バッフル板を外したり、ワークを持つ位置を変えたり、いろいろ試した結果、けっきょく市販のハニカムスクリーンを採用。自分の使い方ではこれがいちばん合っているようで、いまのところ吹き返しもなく、塗料の粉が飛び散ることもなく、臭いが部屋に充満することもなく、機嫌よく塗装をすることができるようになりました。

Img_0104_2

ウェブや雑誌などには、プロやベテレンモデラーさんなど豊富な知識経験を持つ方が紹介するいろんな有益な情報が飛び交っていますが、そのやり方が必ずしも自分にとっては無条件に正しいというわけではないので、むやみに真似しても上手くいかないんだな、と感じた一件でした。

2018年9月15日 (土)

ペアーハンズの「ピックアップ型モーターカー」

久しぶりにキットを組みました。

ペアーハンズのOゲージナロー「ピックアップ型モーターカー」です。今年の軽便鉄模祭に何も持っていくものがないのは悲しいので、積み木もとい罪キのなかから引っ張り出してきてがんばって組みました。ちょうどクリッターズクラブのお題はペアーハンズでもあることですし^^;

雨天決行で塗装したので、あまり上手に塗れていません。配色は自分好みになって気に入っていますが、やっぱり祭りが終わったらシンナードボンかな?


Img_0098_3 Img_0099 Img_0102_2

ペアーハンズのキットはあまり組んだことがなかったのですが、組み立てがパズルみたいですごく楽しめました。

エッチングパーツの精度も合いもとてもいいのですが、組み立て順序とかをしっかり考えないとうまく組みあげることができませんし、パワートラックの取り付けネジの位置なども、車体と組み上げてしまうとどこからも見えないボンネットの中にあったりして、ほんとに「詳細は各自工夫のこと」感満載です。

それだけ手を入れる余地も多いわけで、この辺りは自分にはとても良いキットでした。もともとレールトラックのデザインの参考として、発売と同時に予約してJAMで受け取りに行ったキットですので、思い入れも大きいんですが^^;

車輪はバランスを考えて一回り大きいプレート車輪に交換。アルモデルのカウキャッチャーをつけてあります。お人形さんは、ナローガレージで扱っているモデルパワーの未塗装フィギュアから選び出し、ちょっと足が長すぎたので切り詰めて使用。脛に傷持つカップルになってしまいました。

Dndd3udu8aa1dodjpglarge_1_3

下は、同じくモデルパワーの人形を塗ったものです。面相筆が傷んでいたのでなかなかうまく顔が塗れません。モールドを無視して適当に目玉と眉を描いたらこんな感じになりました。それでもそれぞれ表情が出ていて面白いです。立体塗り絵は結構楽しいということを発見。でもHOスケールだと厳しいかも。

Img_2287


2018年8月13日 (月)

1/216の確率……

世界堂にあったガチャで「自由すぎる女神」というのを発見。

さっそくまわしてみたら、なんと2回続けて「自由すぎて誘う女神」をゲット。女神二人からいっぺんに誘われてしまう羽目になりました。

で、もう一回まわしたら、こんどはほっかむりされてしまいまして……

15a21a949f3544bca973441d8c72726c_2

うーん、ということでさらにもう一回まわしたら、なんとまさかの3人目の「自由すぎて誘う女神」をお迎えする羽目に(^^)

E5437edd131848acb4e2fb927274bb51

ご覧の通り全部で6種類ですから、6x6x6で1/216の確率ですよ。うーんこんなところで強運?をつかいたくなかったなあと……

Image_2

ここで、ふと、以前も3回続けて同じフィギュアを引き当てたことあったなあ、と押入れを探してみたら、なんと、同じポーズの椿三十郎が4つも出てきました^^)

9fc821b082304fa6bb3bc4e869cdfdb9

これ、たしか黒澤明監督の作品主人公シリーズで、カラー版と白黒版それぞれ8種類だったと思うので、カラー版3人だけでも16x16x16で1/4096の確率。4人目のカラー白黒別を区別しない事にしても、16^4/2で1/32768の確率です!!!

なんとまあ……としか、もう、言いようがありません。こんなとこで無駄に運が良い?というのも考えものです(^^)

で、せっかくだからと、女神さまと椿三十郎を組み合わせて記念写真を撮ってみたら、なんかなかなか微妙な雰囲気になって苦笑。

B4b804256db84172a699a9d9f8408bdb

仕方がないので、ここはひとつ陽気に総出演のカーテンコールという事で、再度の記念撮影でお茶を濁す事にします(^^)

9bade3bc0cdf459badc7761f0e82c605_2


«巣鴨でジオラマ作品見学と英国型A4クラス マラード号