2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2019年1月 2日 (水)

あけましておめでとうございます

ことしは、良い年になりますように。

去年の暮れに動力化したミニカーのトラム、スイスベルンの市電で動態保存されているようですので、日の丸とスイス国旗を飾ってみました。

Img_3014


2018年12月24日 (月)

1/87 G 3/3 SLM 1894 モーターライズしてみました

コレクター向けミニカーとして売られていた1/87 G 3/3 SLM 1894 トラムロコとトレーラーを、HOn30としてモーターライズしてみました。

下回りは、Nゲージのφ8mm車輪と両軸アルモーターを使って、目分量でてきとーにちょこちょこと。軸穴径を間違えたり、トレーラーの台車の軸受けを新しくつくったりでかなり手戻りや試行錯誤がありましたが、なんとか走るようになりました。

構造上、力はありませんし急カーブも曲がれませんが、まあこんなもんかなというところです。よく出来た模型なので、走らせると見ていて楽しいですね。

いつも通り、イメージに合わせて専用の化粧箱も用意しました。

Ba4551ce94124eff82b3d8119605fe24

追記;
トラムの動力にφ8車輪を使ったので、少し腰高になってしまいました。そのうち、φ6くらいの車輪でつくり直そうかと思います。

追記2;

ということで、結局つくりなおして、相変わらず力はありませんが腰高は解消し、安定して走るようになりました。でも、これで両軸モーターのストックを使い果たしてしまいました。

B51c7daf9a7f4541af61aa806b8bf666

追記3;

結局ほぼ丸二日かかってやっと納得のいく形状と走りになりました。うん、満足。でもこれ、下回りは自作だけど、よく出来た製品をモーターライズしただけだから、作品としては面白くもなんともないじゃん、ってふと思って、ちょっと情けなくなりました。

話がずれますが、鉄道模型のスーパーファインスケールミュージアムクオリティモデルって、個人の趣味の世界とかアート?の世界では一体どういう意味があるんだろう?って考えてしまうことがあります。

本物そっくりに精密に出来ているっていうのは、技としてはすごいことだと思うのには変わりはありませんし、そういうのをコレクションして所持する楽しみというのは大いにあるのはよくわかりますが、自分でつくるときは、技能の問題もありますが、好みにデフォルメ?(歪み曲がりてきとーいい加減とも言う)された、つくったひとの思いが伺えるようなものがいいな、と思ったりします。

F19aecf62c9e4442b353ae0fa96976f1

追記4;

言い訳的に付け加えると、ほんとによくできたオリジナルデザインやデフォルメデザインのミニカーやおもちゃのテイストを損なわずに動力化したり、ミニカーを現実にはなさそうなレールカーに改造したりするのは、それはそれなりにユーモアというか思い入れがあって返って楽しかったりするので、これはもう個人の勝手な感覚と言っていいものなのでしょうね(^^)


2018年12月16日 (日)

クラップオン・スタート・コントローラーとくるりくるり線路のお化粧

くるりくるり線路をもう少し見目よくしてあげようと、コルク板を貼り付け、銘板も取り付けました。

左側の位置にギャップを切って、その部分をコルクで舗装。くるりと一周するとコルクのプラットフォームで機関車が停止、プッシュボタンを押してやれば動き出すという趣向です。

Img_2939_3

でも、この超ミニドッグボーンレイアウトをくるりくるりと走る姿がおもしろいのに、毎回プッシュボタンを押すのは面倒くさいし、タイマーで一定時間走らせるのもいいかな、と考えたりしていましたが、拍手の音でスイッチオンする家電をネットで発見。

おお、こいつと組み合わせてみたら面白そう。ということでちょっと頑張ってみました。

どうせなら普通のアナログコントローラーとしても使えるようにしたいし、半田付けしている途中で、くるりくるりせんろのような特殊な構造でなく、単にクラップオンした後一定の時間で電源が切れるというタイプのコントローラーとしても利用できるようにしようと思いついて欲張ったので、何度も配線のやり直しで、うんざりするくらいの時間がかかってしまいました。

途中でいくら考えても混乱してきて、これは認知症の症状が進んできたんではないかと、かなり不安な状況に……^^;

冗談(でもないか?)はともかく、最初にちゃんと設計図配線図描かずにつくると、ほんととんでもないことになりますけれど、夢中になってパズル遊びをしているような気分にもなるので、まあ良し悪しですね。

回路は以前に作ってあったタイマー回路と音声スイッチ基盤を組み合わせ、それにシンプルトランジスタコントローラーの基盤を加えてまとめてあります。通常のコントローラーとしての使用とクラップオンタイマー(2分まで)機能つきコントローラーとしての使用用に出力ジャック、くるりくるり線路用の出力の二系統を用意しました。

ケースは100円ショップで手にいれた木製の小物箱です。ちょうどいい大きさですし、くるりくるりせんろのデザインとも合って、なかなか好ましい感じです。

Img_2944

コントローラーの近くでパンと手を打ち合わせると走り出し、数周するとコルクのプラットフォームの位置で停止。また手を叩くと走り始めます。大きな声で「わあっ!」とか「発車!」と言っても大丈夫です^^;


«くるりくるりせんろ